言葉は知ってる?オーガニック、有機栽培、無農薬栽培の違いとは

野菜を選ぶ際に、オーガニックや無農薬、有機栽培など色んな言葉で表現されています。しかし体に良い・安心できるとうイメージはあっても実際の言葉の意味についてはほとんどの方が知らないのではなのでしょうか?このコラムではオーガニック・有機栽培・無農薬栽培に違いについてご紹介します。

オーガニックと有機栽培は同じ

オーガニックとは有機栽培、有機農法のことで同じ意味の言葉です。
化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物、有機栽培された飼料を与え自然な方法で育てられた畜産物、またそれらを使用した加工品に対して使用されます。
また、有機認定を受けた作物や畜産物・加工品にのみ有機・オーガニックマークの表示が許されるため、オーガニック(有機栽培)のものは簡単に見分けることができます。


日本のオーガニック認定

日本では農林水産省がオーガニック認定を行なっており、JAS規格に適合した生産が行われていることを検査し、認定された事業者のみが作物や畜産物・加工品に有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がないものは「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、似たような紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。


有機栽培(オーガニック)はとても難しい

全国で広がってほしい有機栽培(オーガニック)ですが、実はとても難しいのです。
農薬不使用の土壌で、有機肥料(化学薬品や重金属不使用)だけを使用し、環境への負荷が限りなく少ない栽培方法・管理をした土壌で生産することを指しています。

有機JAS規格の基準

  • 最低2年以上(多年生作物の場合は3年以上)農薬を使用していない土壌
  • 化学肥料および農薬は不使用で、有機肥料のみを使用(化学薬品や重金属は含ない)
  • 隣接地から農地や農機具に農薬が飛散しない
  • 栽培を行う際に環境破壊を行わない
  • 遺伝子が組み替えられた種子や、苗を使用していない

以上のような様々な基準をクリアしたものだけが有機JAS規格として初めて「有機栽培」「オーガニック」と表示することを許されるのです。


無農薬栽培とは

栽培期間中に農薬を使用せず栽培された農作物を「無農薬栽培」としています。
しかし、栽培期間外に農薬を使用していたり、農耕地から残留農薬が検出されたりと様々な問題が起こり、現在では「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」という表示は禁止されています。


有機栽培(オーガニック)で旬を楽しむ

有機栽培は栽培が難しく大量生産出来ない代わりに、旬に適した栽培を行なっているため、時期にあった美味しい野菜や果物が出来上がります。
オーガニック野菜や果物で旬を楽しみ、健康的な生活を楽しみましょう。

RELATED COLUMN

  • 関連コラムがありません。